ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨

ギャラリー&インテリア 美卯 〜つれづれに〜

お正月の愉しみ

[ 2018-01-20 16:58 ]

 年が改まって今日は早20日。年々お正月気分を味わう期間が短くなっているな―と思う美卯オーナーです。
さて、食いしん坊である私にとっては年末年始の時期は普段はない、この時期だけの味覚に出会える歓喜の季節でもあります。
その中でも毎年の楽しみはお正月の初釜などの行事に欠かせない『花びら餅』というお菓子♡

一月は地元をはじめ名古屋や京都の和菓子店で花びら餅を見掛けては食べ比べています。
このお菓子は宮中の正月行事を起源とするといわれ、裏千家の年初めの茶事である初釜で供されるおめでたいお菓子として有名です。
丸く平らに伸ばした餅の中に白味噌餡と赤く染めた薄い餅もしくは餡を重ね、甘く炊いた牛蒡を挟んで半月に包みます。
餅の表にほのかに紅色が透け、見た目も優美でかわいいのも何とも雅でおめでたく☺

そして、口に運べば餅のふわっとした柔らかさと味噌餡のあまじょっぱさ、そして牛蒡の香りと苦みが甘さを引き締めて絶妙な調和を醸し出してくれます。甘いだけでない複雑な味わい、美味しさにについ、また一つと手が伸びます。

発祥の京都が有名でしょうが、私は同じ尾張の和菓子店・松屋長春の花びら餅がベストワンです。
なぜなら、このお店で焚いている牛蒡がどこのお店より柔らかくアクも適度に抜けた絶品だからです。
松屋長春さんは羽二重餅で有名なお店ですが、この羽二重餅に上記の牛蒡と絶妙な甘さの味噌餡と全てが整った絶品。
1月限定。まだ間に合うのでお勧めです。
 松屋長春(愛知県稲沢市) www.matsuya-choushun.jp/products/kisetsu_no_namagashi/

 季節のお菓子を美味しくいただく度に日々を健康に重ねさせて頂けることに感謝しております。







忘れない 1.17

[ 2018-01-17 18:40 ]

今日は冷たい雨の一日になりました、23年前のあの日はどうであったかと思う美卯オーナーです。

23年前の1月17日は私にとっても深く刻まれる日となりました。
当時は15日が成人の日であり、お正月の余韻と相まってまだフワフワとした雰囲気の時期に突然襲った大厄でした。

そして現在、その神戸には阪神大震災を経験された方々がボランティアとして東北大震災と熊本地震の復興に支援活動されている民間のグループがいくつもあります。

そういったグループがいくつも集まって定期的にお互いの活動を報告、研究する『3・11復興塾』という勉強会があり、先週の11日(基本開催日は11日)に防災と減災を研究している友人と愛知から神戸まで出掛けて参加させて頂きました。

その集会に先立ち私たち二人は現在も震災遺構として被災当時のままに保存されているメリケン波止場の一部(岸壁60m)へ。
そこでは併設されている神戸港の被災の状況、復旧の過程など記録した模型や映像、写真パネルもみることができました

次に「人と防災未来センター」へ。
ここは「阪神・淡路大震災の経験と教訓を継承し、防災・減災の実現のために必要な情報を発信する施設」として設立されました。
圧巻だったのは震災追体験フロア(1.17シアター)。
地震で破壊される町や鉄道・高速道路を詳細な再現映像で体験する「5:46の衝撃」を見ることができます。
これがあまりにリアルな合成映像であったのでタイトルそのまま、衝撃!を受けました。
このまるで巨大怪獣が出現して街中を揺さぶり破壊しつくしたかのような映像に囲まれていると、自分のような小さな人間など巨大な地震のエネルギーの中では塵のような存在で無力であることを思い知らされ、打ちのめされたような気持に、、、。

続くとなりの展示ゾーンでは発災直後の街がリアルな大きさでジオラマになっており、再現された街の暗さに(実際は停電で真っ暗)夜明けまでの2時間がどれほど恐ろしく不安な時間であったかが想像できて胸が詰まりそうになりました。

震災当時は物凄い報道のシャワー状態で愛知に居ながらも様々の事を見聞きしてそれなりに知っているつもりでしたが、23年という時間の流れがその情報の多くを如何に忘れさせているかをこれら関連施設の見学で思い知らされました。
どちらの施設もわかり易く防災・減災が学べますのでどなた様も是非足を運んでいただけたらと思います。
神戸という土地柄か、外国人の方の見学も多かったですよ。

 そして―、いよいよ3.11復興塾へ参加ー。
集会では3組の方がそれぞれの取り組んでいる課題や活動について報告がされました。
東北では復興格差が顕著になっていることや、震災から20年以上経過した神戸では借り上げ住宅の賃貸期限問題など新たな課題があることなど被災の影響は予想より長く根深く続くことを学びました。

この場に参加されている皆さんはボランティアで活動費は自腹。それぞれが本業を持ち、自身のスキルを生かしながら活動されている姿には内心頭を下げるばかりです。
この情熱の源はどこからなのか、、、、それは、ディスカッションを進める中それぞれの震災体験にあるということがとても伝わってきます。
またこれほど活発で忌憚のない意見が飛び交う集まりは日本ではそうそうないのではないかと思ったほどで、震災体験という深い絆で繋がっているからこそこのような関係が築けてきたのではないでしょうか?
厳しい現実があるからこその神戸の皆さんの強さに触れ、また翻って災害を忘れたかのようなぬるま湯のような日常のを送っている我々の地元を思うと正直やるせなさも、、、。

この旅は私にとって防災・減災に対する原点回帰になりました。




七草粥

[ 2018-01-07 14:48 ]

 新年を迎えて早7日、お正月の行事も一段落といったところですね。
美卯オーナーです。

 今日は正月7日なので、七草粥を焚きました。
ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、せり、なずな―♪

この日七草粥を食べるのは、正月のご馳走でオーバーワークな労わるためと言われています。
そのいわれの通りか、厳寒のせいか胃腸が弱り気味なのでとても美味しく頂きました。
この習わしもまた毎年の楽しみなのですが、今年も無事迎えられて心より感謝です。

そして、こうしたちょっとした汁物のお料理に便利で、中身をより素敵にみせてくれるのが、この小鹿焼の器です。
“コロンッ!”としていて掌にスッポリ収まってかわいらしいのも大好きな理由。感触がとてもイイんです♡

今年もお気に入りの器で毎日を楽しみたいと思います☺

謹賀新年2018

[ 2018-01-05 19:40 ]

 本日5日(金)より2018年の美卯はスタートです!

 美卯の本年のテーマは「革新と進歩」
二つとも同じような言葉ですが、今年は自らの殻を破って前進できるよう頑張ります!!!
元日にひいた地元真清田神社のおみくじも“大吉”を頂戴、太鼓判を押されたようです☺

今年も皆様のご指導ご鞭撻、叱咤激励、ご協力を美卯に賜りますよう御願い奉りますー(拝)

ハチドリのように

[ 2017-12-11 20:22 ]

 ギャラリー&インテリア美卯は2005年12月に開業してこの度12周年を迎えました。
これもお客様はじめ応援して下さる皆々様のお蔭です。心より御礼申し上げます。
これからもよろしくご指導、ご鞭撻をお願いいたします。

 『ハチドリのひとしずく』という南米アンデス地方に古くから伝わる物語をご存じでしょうか?
日本では2005年に光文社から発行され静かなブームとなりました。
先日この物語に触れる機会があり、初版から10数年経た現在、この物語の語りかけるテーマがより一層重くなっていると感じました。

 物語のあらすじ
ハチドリはその名の示すようにとても小さな鳥です。中南米と北米に生息していて、体長はわずか10㎝!です。
そんな小さなハチドリのクリキンディはある日森の火事に遭遇します。
森の生き物たちは皆我先に逃げていく中、クリキンディだけは自分のくちばしで水のしずくを運んでは一滴ずつ火の上に落としていきました。
他の動物たちはこのクリキンディの行為を「そんな程度のことで何になるんだ」と笑いますが、彼は答えます、
「私は、私にできることをしているだけ」っと。(「ハチドリのひとしずく」辻信一監修 光文社刊 2005年)

現実の世界では社会も時代も変化は激しく、たった一人の個人の力ではできることは限られとても無力ー。
でも美卯のまわりにいて下さる皆様のよりよい現在と未来のために一滴にも満たない力かもしれませんが、ハチドリのクリキンディのようにこれからも美卯は民藝の志をもってまずは今、自分が出来る事をやっていきたいと思っています。

もうすぐ新年2018年がやってきます。大きな節目になるような予感の一年です。
(写真:マイケル・ニコル・ヤグラナス氏画 カナダ・ハイダ民族出身)




 

時代を映す言葉

[ 2017-12-03 19:41 ]

今日はとても心地よいお日柄の尾張より、美卯オーナーです。

今年の流行語大賞が決まりましたね。
忖度にインスタ映えと、まずまず皆さん納得の受賞だったようです。
来年はどんな言葉たちがエントリーされるのか、一年間の世相を表すだけにできるだけ明るいものであればなぁ~と願っています。

さて私も今年一年様々な言葉に出会い、泣き笑いがありましたが、来年を考えるにあたって重要なキーワードにもなる言葉にこのところ立て続けに出会ったので備忘録として書いておこうと思います。

『バックキャスト思考』
その意味は「未来がどうなっているか想像し、そこから今に立ち戻って課題設定や問題解決を考える」というもので、様々な制約をポジティブに捉えられるようになるといいます。つまり、未来と現在の間に何を成すべきかを前向きに考えることと言ったらよいでしょうか。

『転源自在』
「物事を解決する要因は全て自分の中に存在する」という意味ですが、この言葉自体は聴いたことがあってもこれほど深い意味だとは無学な自分は知らずちょっと恐縮(^_^;)
上手くいかないのは世の中や他人のせいについしがちですが、そんな“転源他在”では問題が決して解決しないことは私のような年齢になると実体験を伴って理解ができるます。、、、亀の甲より年の功ですね(^_^;)
(ただ、それにしてもてんげんじざい→変換→天現寺財、、、ってパソコンの言語ソフトも勉強不足ですね~\(◎o◎)/!)

この二つは先日参加した勉強会で知りました。今年もボツボツ色々な分野の勉強会、討論会の末席をけがさせて頂きましたが、自分の専門や興味ある分野に限らず色々な方面の情報を収集して知ることがとても大切だと改めて実感しています。

最後にもう一つ気になる今年のワードとして「自由からの逃走」があります。
さる報道記事でこの言葉を目にした時、はじめは意味が全くわからずに???でした。
“自由”から逃げるってどうゆうこと?
自分の中では“自由”は非常にポジティブな意味であり、当然の権利であり利益をもたらすものと考えていたので、なぜそれから逃げる必要があるの?っと。そこで調べてみました。

『自由からの逃走』は1941年に発表されたE.フロムによる主にドイツのナチズムついての研究書の題名でした。
当時のドイツの人々がなぜナチズムを支持していたのかについて書かれているそうです。

フロムによれば近代人は中世封建社会から解放され自由を手に入れたが、その自由を得たことによって、孤独感や無力感にさらされることになった。これに耐え切れない人々は「個人的自己からのがれること、自分自身を失うこと、いいかえれば、自由の重荷から逃れること」を望み、そしてそこから「権威主義的パーソナリティ」が形成されると。

本書を読んでいないし、難解ですが、要は自由に伴う責任や義務から逃げたくなる個人が少なくないという事でしょうか?
確かに自ら情報を集め考え人生や社会を選択していくことは確かに大変、だれか、何か力強い存在にに頼ってつい楽をしたくなるのが人情かもしれません。
でも、先人が苦労して獲得してきた個人の自由を簡単に手放していいものでしょうか?
ちょっと民主主義の根幹に関るような難しい言葉に出会ってしまったようです(^_^;)

さて、2018年はどんな言葉がこの世界でクローズアップされるのでしょうか?
来年こそは穏やかで平和であることを心より願って―。

2017年はシンギュラーポイント?

[ 2017-12-02 18:22 ]

 とうとう12月、今年もアッという間に過ぎ去っていきそうです、美卯オーナーです。
とはいえ、今年もいろいろありました。まだゆとりのあるうちに少しとりまとめていきたいかな~と。

2017年は公私にわたりターニングポイントになる事象が多岐の方面であったように思います。
こういう時期の事をシンギュラーポイント(=分岐点、特異点)と呼び、後年あれが節目だったといわれることがあります。

もう後戻りのできない、新しい次元へ移行して社会が急激に変化するため、大きな価値観の転換(パラダイムシフト)がおきるとも、、、。

それは人の世に限った事ではなく、自然界でも極端な気候変動が連続して誰の目にも明らかな変化が起きています。
人間も自然の一部と考えれば人間の社会と自然界の動きが連動するのは当たり前の事かもしれません。

、、、と前置きがながくなりました(^_^;)

私がこの一年感じてきたことは私たちの身近にある全てのモノは自然からのギフトであるということー。
食べ物、着るもの、住むもの全部自然に存在するものを材料に作られています。
ところがそのあって当たり前のように考えられてきたその材料が急速に自然界から消えていっていることをご存知でしょうか?

人間が生きていくための資源は様々にありますが、工業製品の主原料は石油を化学的にいくつもの工程を経て高度に加工された人造品であり、
それに対して民藝品のような手仕事でつくられる品のほとんどは自然界が産んだ状態に近く、その性質を活かした姿をしています。
だからこそ手仕事の世界では自然環境の変化は工業製品より早く直接的に、また目に見える形で影響を受けます。

民芸品の材料である天然素材は自然を相手にする仕事の不安定さから担い手が減少しているという面もありますが、生態系の変化から生産量が激減している材料があり、当店が関係している部分でいえば、ラッシチェアに使用する水草の生産が困難になっています。

加えて近年は日本中、いえ世界中でいつ、どこで気候の激変による災害に見舞われるかわかりません。
残念ながら今年7月には九州北部豪雨によって佐賀県日田市・小鹿田の里が被災。
採土場の崩落、土石流による唐臼(川の流れを使い臼で土を突いて細かくして陶土の原料にする装置)の流出破損といった被害がありました。そんな中現在は復興の工事の傍ら、生産を再開。小鹿田焼に関わる皆様のご尽力には頭が下がるばかりです。

小鹿田焼の里は永きにわたって自然と人間が共生しながら世代を重ね、焼物を生産してきました。
そして今、復興工事にあたっては次の災害に備えることを考えながら進んでいるといいます。

持続可能なモノづくりを目指して自然とどう折り合っていくのか、手仕事においても地球環境という視点は欠くべからざる課題であることを知らしめられた今年一年だったように思います。
(写真は2016年秋小鹿田 唐臼を撮影)



ライフステージにあった椅子をご提案します。

[ 2017-11-26 17:02 ]

 11月とは思えない寒い日が続きますね、美卯オーナーです。

 私は松本民芸家具には子供の頃より親しみ大好きなのですが、その中でも特に椅子を気に入っています。

デザインはもとより木の椅子でありながら座り易さが抜群!長時間座っていても疲れにくい特徴があります。

 先日ちょっとご高齢のお客様がご来店になりました。
既に松本民芸家具のダイニングテーブルや椅子、本箱とビューローをお持ちで今度お引越しの際に読書のために大きな椅子を一脚ご購入をお考えになっているとのこと。

お客様の新居へのご希望をいろいろと間取りなどもを含めてお伺いしながら、新生活を楽しんでいただけるためにどの椅子をお勧めしたらよいか考えました。
お客様のお話を要約すると、「年齢を重ね、仕事は現役を退き自宅で過ごす時間が増えてくる、だからこそ楽しく毎日をゆったり読書をしながら過ごしていきたい。そのための快適で寛げる椅子が欲しい」と。

そこでご提案させて頂いたのは、、、ロッキングチェア☺

お客様は通常のオーソ―ドックスでありながら大型の椅子をとお考えだったので、大変驚かれていました。
が、しかしお試しにロッキングチェアに座って頂いたところ、その座り心地の良さにとても気に入って頂けたようです。

ロッキングチェアは作業用の椅子というより寛ぎのための奥行が深い椅子。
また、読書は同じ姿勢で長時間座ることになりますからロッキングチェアのようなちょっとした身じろぎの度に椅子が動き、その動きに連れて腰が伸びるので良い姿勢が保たれ疲れにくいのでお勧めです。

一方、快適さに加えロッキングチェア自身の容姿の端麗さが人を魅了し惹きつけます。
リビングに置いておけば不思議とロッキングチェアを中心に人が集まって来ます、特に子どもたちが、、、☺
お孫さんとも親しく交流するきっかけになるかもしれません。

シルバーライフを快適に楽しくするお手伝いにロッキングチェアは最適、お勧めします☺


 このように美卯ではお客様のお話を伺って最適なインテリアのご提案をさせて頂いております。
ご遠慮なくご相談ください。ご来店お待ちしております。

#ロッキングチェア
#快適な椅子
#読書を楽しみたい椅子

人と大地と時のコラボレーション

[ 2017-11-17 13:46 ]

 11月半ばというのにいきなり師走の寒さとか?皆様お体ご自愛ください、美卯オーナーです。

昨日はボジョレーヌーボーワインの解禁日という事で楽しい一夜を過ごさせて頂きました。
今年の出来は各々の評価に任せますが、ヌーボーとはその年に収穫されたブドウの出来を占う新酒であり、収穫を感謝する祝い酒と理解しています。

フレッシュで果実味に富むものが多いかと思いますが、このヌーボーを以前はその年の内に飲むものと思い込み、だから前年以前のヌーボーを飲むなんてワインに無知な野暮な奴と知ったぶっておりました。

ところがこのヌーボーさん、年数を置いた方か美味しいこともあるんです!

専門店やワインアドバイザーの方に薦められて一年置いておいたヌーボーを開けたところ、それがなんとも素晴らしいー。
、、、目から鱗!

そして昨日はフランスのボジョレーヌーボーと別にイタリアの新酒・ノッベーロも頂きましたが、そのお店で一年前のノッベーロがあるので飲み比べしようということになりまして・・・☺

2016年のノッベーロ、、、なんということでしょうか☺本当にうまい!!!ワインに変身していました。

ワインの楽しさはこうした“出会い”にあります。

人が土づくりから始め、天候を読みブドウの木の世話や醸造など手仕事の技があり、さらに時間という人知の及ばない天の恵みによって醸し出される正に地と血の一滴。ワインつくりもまた手仕事の極みにあるといって過言ではないと思います。

 収穫感謝するこの季節を今年も健康に迎えられたことを心より感謝しながら今年も仲間と杯を重ねる解禁日なのでした。

そうだ、京都に行こう 近代建築

[ 2017-11-13 16:04 ]

 ○○○心に秋の空、目まぐるしく変わる空の表情に冬の到来が近い頃を感じます、美卯オーナーです。

京都の旅最終回。
この街の凄いところは古都だけあって歴史が重層に積み重なっており、建築物も応仁の乱で焦土と化した時代もありながら様々な時代の構造物が同じ街に存在しているので、何度訪ねても興味深い建物に出会えます。

今回は京都七条にあるKaikado Café(写真)へ。
このレトロなビルは昭和2年、河原町通りに面したところに京都市電の車庫兼事務所として建てられました。
その建物を手作り茶筒の老舗「開化堂」のオーナーが買い取られ、当時の構造を活かしながら改装してカフェとして昨年開業。

店内では開化堂の茶筒だけでなく、様々な京都の職人によってつくられた工芸品に触れることができ、またカフェでは珈琲は「中川ワニ珈琲」のオリジナルブレンド、「利招園茶舗」の日本茶、「Postcard Teas」の紅茶、「丸久小山園」の抹茶、醸造所 グビガブのビールなどなど、セレクトされた各店の良いとこ取りのセレクトショップです。

店内は店員さんに許可を取れば見学、撮影もできます。
一階のカフェスペースの他にも中庭や2階、階段とレトロな空間が広がりとても愉しい時間を過ごすことができました。

京都駅からも近いので京都観光の締めくくりにお勧めのカフェです。