日日のクラフト MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨
Instagram Facebook Blog

ギャラリー&インテリア 美卯 〜つれづれに〜

高山・日下部民藝館2

[ 2017-10-05 17:01 ]

 中秋の名月から明けた今朝はいきなり冷え込んだ尾張一宮から、美卯オーナーです。

 さて、明治12年(1879年)に建てられた日下部邸が現在の日下部民藝館になった経緯はどのようなものだったのでしょうか?

現当主・日下部 勝氏によると十一代目日下部禮一氏が民藝運動に共鳴し、また、雑誌「暮らしの手帖』編集長だった花森安治の薦めもあって自邸を改装、昭和41年(1966年)5月に日下部民藝館として開館、一般公開されました。
また日下部邸は同年に明治に建てられた民家としては初の国指定重要文化財に指定されています。
日下部民藝館の開館式には濱田庄司氏、バーナード=リーチ氏も来訪。

写真(上)は母屋から土間と中庭を挟んだ奥にある文庫蔵ですが、現在は展示場として民藝の名品を見ることができます。


写真(下)は日下部邸の中庭です。
今回の民藝夏期学校校長をされた日下部洋子さんに庭の見どころをご紹介いただきました。
その中に愛知県人としては見逃せない愛知県産の古タイルを発見!明治の手仕事でつくられたタイルは必見です。
某タイルメーカーの社史か何かの資料で見たことのあったタイルの実物を見ることができたので場所が場所でしたが吃驚感激☺
日下部民藝館にお出掛けの際は探して見て下さいネ♡

トップへ