日日のクラフト MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨
Instagram Facebook Blog

ギャラリー&インテリア 美卯 〜つれづれに〜

飛騨・渋草焼窯元にて2 建物編

[ 2017-09-29 16:35 ]


 秋が深まり毎夜見る月がとても美しいですね、美卯オーナーです。

ブログは8月の民藝夏期学校の生地の続きです^^;

 前回は高山の渋草焼窯元にて陶器がつくる手仕事をレポートしましたが、今日は工房の建物についてー。

幕府直轄地であった高山にあって半官半民にて経営されてきた渋草焼は明治維新の荒波の中で存続の危機を迎えますが、
明治11年地元高山の有志によって再建され、現在の渋草焼窯元・芳国舎(勝海舟命名)となります。

今回お訪ねした工房はその当時、明治12年に建てられ現在は高山市の文化財になっています。
古民家好きとしてはたまらない土蔵づくりのしっかりとした建物であり、その中で今も日々手仕事が続けられていることはとても感慨深いことでした。


この工房の建物の特徴としてビックリしたのが、2階の床。
何と!2階なのに土間になっています。

寒い飛騨の冬を越すために防寒対策として2階の床に土を厚く敷き詰めているのだとかー。
お蔭で真冬でも工房一階の気温は氷点下ならないのだそうです。
先人の知恵畏るべしですが、重い土の重量と厳しい気候に永年耐えてきたこの建物の耐久力には脱帽ですね。

また文化財という事もあってか大変大切に建物やその周辺が整えられていることも素晴らしく、
工房のすぐ傍には今では使われなくなった登り窯の後もあって、その歴史の深まりを感じました。

渋草焼窯元・芳国舎についてこちら↓の記事もご参考に―
https://www.takayama-gh.com/tabaru/article/sibukusayaki02/

トップへ