日日のクラフト MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨
Instagram Facebook Blog

ギャラリー&インテリア 美卯 〜つれづれに〜

10年という重さ

[ 2021-03-10 15:41 ]

春の到来を感じさせることが日毎に増しているような気がします、美卯オーナーです。

3月に入った途端に東北の今を伝える報道が極端に増えていきました。普段は忘れているかのようなのにー。

東北大震災より10年。
個人的な感想ではありますが50歳くらいまでの10年間と以降のその期間は同じ長さであってもとても意味も内容も異なっていることを昨今の震災報道を見るながらつくづく思い知らされています。

10年前の震災時には働き盛りで復興にエネルギーを燃やしていらした方々も10歳年を取り、映像を通じても皆さんお年を召されたという印象を強く感じます。
当時先頭にたって対策や復興事業にあたられていた方々の幾人かは志半ばにこの世を去られて逝きました。

若い時は気軽に1年2年はあっという間、いつまでもこのような調子で日々が重ねられていくのだと思っていたのに、このごろは10年前には感じたことのなかった自身の中に”老い”を感じるようになりました。実感として人生が有限であると―。

だからこそ東北の皆様の10年後の姿を拝見するたびに震災当時よりより哀しみが深まって復興とは何だろうかと気持ちがどんどん落ちそうになります。
失った震災前の日々を取り戻すことはできません、それでも哀しみを抱えながら何とか前を向いて生きてこられた東北の皆様に私たちがどう向き合うべきなのか自問自答を繰り返しています。

一方で当時小学4年生くらいだった子供たちがコロナ禍の中成人を迎えました。この子供たちも幼いころの重い体験と困難の中成長し社会を支えてくれています。若い力と共に東北が新しい良き未来が築けますようにー。

2015年にご縁を頂いて東北の沿岸を巡り直接津波に合われた方々から被災時のことをお聴きすることができました。あれから5年以上たちましたがコロナが落ち着いたらまた現地へ行ってお会いできればと願っております。

トップへ