ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨

ギャラリー&インテリア 美卯 〜つれづれに〜

アカシアの小椅子

[ 2018-11-04 16:42 ]

気まぐれな冷たい秋の雨そぼふる日曜日、いかがおすごしですか?美卯オーナーです。

さて、この写真の椅子は倉敷本染手織研究所にあるアカシアの小椅子です。



アカシアの椅子は松本民芸家具の創業者池田三四郎氏が松本の周辺で大量に伐採されていたニセアカシアの間伐材の利用方法として思いついた木製家具です。
私は話には聴いていたのですが、実物を見たのは倉敷の研究所が初めてで、教えて頂くまで気が付きませんでした(^^ゞ

ニセアカシアの間伐材を加工しラッカーで塗装してやや赤みを帯びたこの家具は発表当時とても好評をはくしたそうです。
ですが、諸所の事情から作られたのはごく短い期間であり、貴重なものを研究所で見せて頂きました。
この小椅子についての経緯は久野恵一氏著『日本の手仕事をつなぐ旅 <いろいろ①>グラフィック社に詳しく述べられています。

平成の現代ならいざ知らず環境問題が今ほど注目されていなかった昭和後期にいち早く間伐材の利用に目を向け、
「間伐材を活かすのも民藝の木工の道だぞ」と語った池田三四郎会長の先見の明に改めてすごい方だったのだと頭が下がります。生前お会いした機会にもっといろいろ教えを乞うておけばよかったと今更ながらにとても後悔しています。