ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨

ギャラリー&インテリア 美卯 〜つれづれに〜

ガラパゴスガラパゴス

[ 2018-03-30 19:39 ]

 気が付けば、もう3月末!年度末になりました。桜も駆け足で散り急ぎとても切ない春弥生、美卯オーナーです。
この一カ月、日々目まぐるしくバタバタと過ごし新しい年度への切り替えもボツボツと・・・。
そんな日々につい世事に疎くなっていたところ、先日(@_@)するニュースが、、、。

なぜかこの2.3日急に私の小耳にはいてきたのはプラスチックゴミの国際問題化について―。
近年ハワイをはじめカリフォルニア州など太平洋沿岸ではプラスチックゴミが海岸に流れ着き困っている。
そのゴミは日本をはじめアジア方面から海流に乗って運ばれ、北太平洋の中央(およそ西経135度~155度、北緯35度~42度の範囲)には日本の国土面積のおよそ4倍の範囲にわたって“ゴミの島 ”が出来ていて(-_-;)これをGreat Pacific Garbage Patch=太平洋ゴミベルトと呼んでいるとか。

このプラゴミはエサと間違えて食べてしまった野生生物の体内から大量に発見されるなど、生態系に重大な問題を起しつつあるとニュースは伝えます。
私たちの生活にとても便利で身近なプラスティック製品が、今様々な生物の生存を脅かしている、そしてそれが廻りまわってその災いが人にも影響を与えつつあると―。

この問題に関して国際的な関心は高く既に多くの国では買い物用のレジ袋の配布など禁止したり、プラスティック容器の使用の制限をしているそうです。

そんな状況下、最も取り組みが遅れている国の一つがわが日本であると聴きびっくりするやら哀しいやら。
実際にハワイや西海岸で拾われるプラゴミの中には日本語が記されたゴミが多数見つかるそうです。

このように「そんな事とは長年露知らず、、、」ってことがしばしばあります。

同じような事が再生エネルギーシフトについても言えます。
世界中が7年前の福島第一原子力発電所の事故を契機に再生エネルギーへエネルギーシフトしていることが今年になるまで日本で大きく報道されることがありませんでした。

他にも諸々と日本が世界の潮流から近年取り残されているのではないかと心配になる事柄がしばしば見受けられ、かつて日本の携帯電話がガラケー(ガラパゴス携帯=極端にローカルな地域でしか使えない=グローバルで通用しない)と呼ばれてしまった様な事が繰り返されないよう祈るばかりです。