ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨ギャラリー&インテリア MIU 美卯 松本民芸家具・世界の民芸・雑貨

ギャラリー&インテリア 美卯 〜つれづれに〜

立春・縁側にて

[ 2018-02-04 19:33 ]

 今日は立春、暦の上では春になりましたが、立春寒波到来だそうで、今夜も雪が降るかもしれない尾張地方です。

 そんな冬の日曜日、お仕事前にちょっと寄り道をして古民家を会場に開かれている現代美術展『尾州の起点』を観てきました。

会場のある一宮市起(おこし)地区は東海道と中山道を結ぶ美濃路の中にあって木曽川を渡河するための重要な宿場町でした。
今回の展覧会はその起地区のかつて繊維産業で栄えた歴史を伝える古民家に現代美術を展示するという野心的試みです。
古きものと新しきものを一緒にするのは場合によってはミスマッチな感じになるのですが、ここでは見事に融合して心地よい空間が演出されています。

そして現代美術に親しんだ後は、暖かい日差したっぷりの縁側に座ってのんびり火鉢でお餅を焼いて栗入りぜんざいをいただきました。
日本家屋でどこが一番気持ち良い空間化と言えばやっぱり縁側だと思います。庭を見ながらほっこり出来るので☺
今日はお天気が良かったので縁側から眺める空と庭の景色が一枚の絵の様でより美しい時間を堪能できました。

週末のみの開催で会期はあと10日11日12日と残り3日です。
詳しくは
https://www.facebook.com/events/195488414365064/